さあ、なにして遊ぼうか。

自分自身のこれからの身の振り方、というものを考えたときにもちろん教員という選択肢は至極まっとうで、というかまっとう云々とか議論する余地もないくらい、ほぼ100%そこに行き着くわけですが、完全にいま、気持ちはそこから逸れています。4月からほんまに教員する気あるの?って聞かれたら、うん、たぶん?って言っちゃうイメージ。実感が沸かないっていうのもあるかもしれないけど、わたしの人生そんなのでいいのかなあとうっすら、いや、かなり切実に考えるレベル。教員というお仕事はもちろんひじょうに重要で、素敵な、お仕事です。今まで何人もの先生に生徒の立場として、実習生の立場として、学生の立場としてお世話になりました。どの先生方もすごくすごく情熱を持って取り組んでおられて、ああこんな人になりたい、と胸を熱くした経験は数え切れません。現場の厳しさを知らないあまちゃんながら、将来こういうふうに子どもと関わりたい、こんな授業をしたいという理想も少なくとも持っています。でも、まだ、私にはやりたいことがまだまだまだまだあるんだ。先生という立場ではなく、もっとゆるやかに、自分の好きなことをしながら、周りの人と関わりながら暮らしていきたいなあ、と。

そう思ったきっかけは、いろいろな経験を掘り起こしてみるに大きくふたつ。ひとつは大学のゼミの先生の影響、もうひとつはサポートスタッフとしてお世話になっているYCAM(山口情報芸術センター)での経験かなあと思うのです。ゼミの先生は、もう、ゼミに入る前からものすごくお世話になっていて、講義でも勉強会でもゼミでも毎回びりびりと刺激を与えてくださって、ときにはお父さんのごとく私を励ましてくれるほんとうに大好きな人です。私が所属しているゼミは近代文学を扱ってて、作品をどう読むかってなことを毎回やんややんや言いながら追究していくわけですが、その学生の議論を見事な手腕でまとめはるのが、かっこよく言えばファシリティエートされるのが、うちの先生。みんなの意見をちょっとずつ引き出しながら、つなげて、比べて、違いを明らかにして、また違う方向へ運ばれて、深める。この議論の場で大切にされるのは「別に意見なんかまとまってなくてもいいんだよ、うまく言葉に出来なくてもいいんだよ」「どんな意見でもかならず受け止めるよ」このポリシーなんです。言っちゃえばね、こんな授業をしたいんです。中学校の教室でこんな授業をしたいなあ、なんて、理想なのです。いろーんな環境で育った子がいて、本を読むのが好きな子嫌いな子いろいろいて、価値観も多様で、でも絶対どんな意見も受け止めるよ、みんなで考えていこうかーって。そういう他者と同じ作品を読んで価値観をすり合わせるって貴重な体験だし、そこから得るものはすごく大きいと思う。だけど、学校教育の限界っていうのはきっとあって、そんなことばっかりはやってられない。と、考えたときに、ふらっときて、みんなで本を読んで、やんややんや言いあう場所があったらいいなあと思ったんです。いわゆる読書会っていうやつですけど、もっと気軽に考えていい。お菓子でも食べながら、ここがなんか腑に落ちんのっちゃね!もーこんなの意味わからん、や、たまらなく好き!ってそういうことを集まって話しながら、できれば、読み方を深めていけるような場所があればいいなあと。先生が開いておられる勉強会はまさにそんな感じで、おじゃましまーすって先生のご自宅に伺って、世間話して、じゃそろそろ作品読もうかってお茶飲みながらみんなでがやがや読んで、あーくたびれたごはんにしよ、って台所でごはん作って、食べて、世間話してさようなら。みたいな。

ふたつのめのYCAMではなにか、というとですね、情報芸術センターという名前からもなんとなくお察しできるとおり、メディアアートの展示やら製作やらそういうことをしているところです。とてもおもしろい、楽しい、大好きな空間です。ここでわたしは展示のナビゲーションをさせていただいたり、ワークショップやらギャラリーツアーのお手伝いをさせてもらっています。ここで思ったのはふたつ。ひとつは学校以外の場所で子どもたちと関わりたい、育てたいという思い。もうひとつは、ワークショップを自分で考えてやってみたいということ。ここに来る子どもたちが学校やおうちでどう過ごしているのかは知らないけども、とにかくここに来るとのびのび、すっごい笑顔で過ごしてるなあという印象があるんです。普段使わないようなパソコンや機械を触れたりっていうことはもちろんあるだろうけど、それ以上になにか抑圧から解放されたような、そんな感じでみんな何か作ったり遊んだりしてるわけです。思うに学校ではしんどさを感じているような子もいて、そういう子もここなら自分の強みを生かしてのびのびとしていられている。オリジナルのワークショップでは、最近メディアリテラシーだの情報モラルなんだの言ってますが、そのへんにかんして学校ではおよそ学べないようなことまで学べちゃう。余談ですが、このへんの知識って、いまからの子どもたちには当たり前に身に着けておかなきゃならないはずなのに、学校でそこまでやらない気がする。ほんま誰が担うんかな。まあそういう、このYCAMで出会った子どもたちの姿から、もっとこういう、学校やおうちから離れたコミュニティで過ごす経験て、教育という面においても、情緒という面においてもすごい大事なんじゃないかなと思ったわけです。ワークショップの話はちらっと出しましたが、メディアアートを扱っているところでありますので、メディアリテラシーに関するワークショップもあり、開催中の展示に関するワークショップもあり、ほんとうにさまざまなのですが、おもしろいのが、対象年齢が小学4年生以上なら誰でもいいよってしてるところ。だから、下手したら大人と子どもが一緒に混じってもの作ったり体を動かしたり考えたりいろいろしてるわけです。そういう意味でも教育的価値が高いなあと個人的には思っています。で、なんで小学4年生以上なら誰でもいいのってちょっと疑問に思いますよね。異年齢の人が同じワークショップに取り組むと、どうしても人によってはむつかしかったり、つまらなかったりしないだろうかと。そういう心配はあります。けれども私が参加させてもらったなかでは、そんな光景はあまり見たことがないんです。きっと参加者のみなさんにとっては、満足いくワークショップなんです。なんでだろうなあと思いつつ、あるときワークショップを作られているエデュケーターさんがこんなふうなことを仰っていました。「本質を見抜いて、芯をとらえて、ほんとうにおもしろいワークショップを作れば、大人も子供も関係ない」一言一句再生できませんが、要約するとこんな感じです。対象となるものの本質をとらえる、おもしろさを伝える。これってそのまんま授業づくりの本質やん、って。ものごとの本質を誰にでもわかりやすく、興味を持ってもらえるようにはたらきかける。あ、なーんだ。私のやりたいことってこれやん。

だらだらとふたつのことを書きました。お読みになって気づかれたかもしれませんが、明らかにこのふたつの事柄はリンクしているんです。ひとつに文学やメディアアートっていう、芸術をあつかっていること。ふたつめに、開かれた、とりわけ後者の場合は地域に根ざした場所であり、そこでいろーんな人を巻き込んで活動が行われているということ。できれば教育、子どもと関わりたいということ。

誰かがきて、また誰かがきて、まったりしながら、まー映画でも観ますか、って見て、その感想をゆるゆると語り合ってじゃあばいばいね。
こういう本を読んでみたいんやけど、誰か一緒に読んで話してくれる人おらんかねえ、あ、ちょうどいいところにきた、一緒にやろうや。

そういう場所があればいいなあ、つくりたいなあというのが今の率直な気持ちです。カフェ的なものか知りませんが、わたしにはそういうしゃれおつな雰囲気ではないので、どっちかっていうとタマリバというか、誰でも来れる部室っていうか、そういうところを、地域に根ざした形でやってみたいなあと思っているんです。そういえばわたしは小学生の頃から居残り(自主的な)が大好きな人間でした。お楽しみ会の準備と言っては残り、まだ仕事がありますなんて言いながら駄弁りたいがために生徒会室にだらだら残ったり、部室でどうでもいいような恋バナをしたり、そういうのの名残なのかなあと思ったりしています。それらは限られた人間しか出入りのないクローズドな空間ですが、興味を持った人がふらっと来れるような、ほんで定着したり、いなくなったり、そういうオープンな空間のなかで、人と人がアートを軸にしてつながれたらいいなあと思うんです。

かといって、わたしはアートの知識はぜんっぜんないし、文学にかんしてもほんと素人に毛が生えたレベルです。そんな人間がいまからどーやってそんなことするん、と思いますよね。わたしもそう思います。実際まわりにこういう活動をされている方がおられるんですが、みなさんそもそもアート方面の出身だったり、それなりの勉強をつまれていたり、アーティストさんとのつながりもある方ばかりで、ほんとにわたしはなんなんだ、なにも持ってないなにもできない頭もわるいときた。でも理想だけはあるときたこりゃ厄介である。

たいへん幸運なことに無茶なわたしのこの考え(ワークショップしたいんです!!!)を拾ってくださった方が地元山口と、もうひとつ大好きなまち津和野にいらっしゃいます。なんだかんだきっとこの春にわたしは教員になるんでしょうけれども、その前にやりたいことを少しでも試してみようと思います。ない脳みそ振り絞って、仲間を集めて実現したいと思います。そのときはみなさんどうぞ、よろしく。一緒に遊びましょう。