読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年2月 熊本旅覚え書き

熊本とわたし 熊本は大学3年生のとき、学科の研修で熊本城に行ったきりである。熊本城を去るときにすぐ近くに百貨店やショッピングビルがあって、そのギャップに驚いたことを覚えている。当時はお城の地下通路が工事中だったような気がする。工事が終わった…

2016年の手帳はEDITとほぼ日WEEKSにするよ

1ヶ月にわたり頭を悩ませてきた、来年の手帳問題についに決着がつきました。まず、これまでの手帳遍歴をふりかえります。 2014年の手帳 - ほぼ日手帳カズン(ピンク) 修士2年だったため、主に研究ノートとして利用していました。 ほぼ日サイトで、大学院生…

【お知らせ】macでゆるTED 2014

イベントの告知ですー! 今年もやらせていただくことになりました。 macでゆるTED 2014 本年度YCAMを卒業するサポスタメンバーが、アートに関係あることないこと、自分の好きな分野について語ります! おいしいごはんを囲みながら、わいわいと楽しい会にした…

冬休み

約1年ぶりのエントリです。筆無精すぎるでしょう。 メモ程度でもいいから書き続けることが大事だなと思っているところです。 どんなにあほらしくても、ばからしくても、書く!最近の関心について整理・幼児教育 2013年後期から幼児教育の授業をとっています…

「プロジェクトFUKUSHIMA!」~福島に行きたい。

ライフ&イートクラブさん主催の上映会にお邪魔してきました。 映画の内容もさることながら、多くの人と震災の話、映像の話…いろんなお話ができてとても貴重な経験になりました。 みなさま、ほんとうにお世話になりました。そういうわけで、上映会から帰って…

observer nを見てきました ~偶有性のはなし。

YCAMレポふたつめです。今回はこれ。scopic measure #14 Goh Uozumi新作インスタレーション展「observer n」outline この作品は異なる次元の観測者たちによって構成される. 主に, 局所的な観測者であるfeeder-device(以下 feeder)と, それらをネットワーク化…

さあ、なにして遊ぼうか。

自分自身のこれからの身の振り方、というものを考えたときにもちろん教員という選択肢は至極まっとうで、というかまっとう云々とか議論する余地もないくらい、ほぼ100%そこに行き着くわけですが、完全にいま、気持ちはそこから逸れています。4月からほ…

目は口ほどにものを言う(まじで)

YCAM行ったよ。これをしに。 「視線のモルフォロジー」 視線を通じて世界と繋がる。― 視線入力技術 LabACT vol.2 「Eye-Tracking Informatics~視線のモルフォロジー」 ものすごく単純に言えば、視線の動きで空間を移動してみよう! そんな感じのインスタレ…

はじめまして

久しぶりにブログなるものを開設しました。 ツイッターやmixiのつぶやきに慣れてしまって、長い文章を書く能力がだんだん落ちている気がして怖くなったためです。 そういう経緯です。 でも別にとりたてて書くことはないんですね。困った困った。 OZ plusと…